新着ニュース詳細

業界をリードするために、ビジネスがIoTを検討すべき理由

2022/05/02

モノのインターネット(IoT)は、さまざまな組織に利益をもたらすことができます。しかし、IoTシステムには、製品やサービスのための完全なシステムを与えるために、ネットワーク、ビッグデータ、センシング、人工知能(AI)技術に関する知識を持つ専門家が必要です。

しかし、マレーシアの企業はそのお金を賢明に使っているのでしょうか?

IoT ソリューションを進める前に、ビジネス・オーナーは、目的と目標に関するビジョンを持ち、テクノロジーを活用してビジネス価値を高める方法に関する長期的な展望を持たなければなりません。

エコシステムの構築

ビジネスリーダーは、IoT プロジェクトのユースケースと成果を総合的に考えることが求められています。例えば、エネルギー使用量を削減したい組織は、エネルギー監視システムや、太陽光発電システムのような代替エネルギーの活用にとどまらないかもしれません。

IoTデバイスを孤立したコンポーネントとして扱うのではなく、エコシステムの一部として理解することが重要です。例えば、小売業では、POS端末のデータとお客様の動きを監視するカメラの情報を組み合わせることで、店舗のレイアウトやデジタルサイネージを変更した際の効果を測定することができます。

すべての情報、すべてのソリューション、そしてより重要なのは、すべてのデータを点ごとに結びつけてこそ、真にデジタルトランスフォーメーションを追求することができるのです。



すべてを結びつける

IoTのエコシステムを構築している企業は、テクノロジーから最高の利益を得ることができます。 デジタル技術をすでに活用している企業は、技術への投資や新しいビジネスプロセスの構築に費やすことができるリソースを持っているため、多くの場合、最大手企業です。しかし、サプライチェーンはその最も弱い部分によってのみ強化されるため、全体的な視点が重要になります。

企業は、デジタル変革の取り組みを組織全体で総合的にとらえる必要がありますが、業界全体でも総合的に考える必要があります。すべての関係者が協力して、生産または配送プロセスを改善できる技術を採用する必要があります。

小売業では通常、ビジネス全体で異種のデバイスやPOSソリューションが導入されています。デジタル変革を実現するためには、これらのソリューションをより効果的に展開・管理し、さらに重要な点として、プラットフォーム間でデータを結びつけ、より良いビジネス上の意思決定を行うことができなければなりません。

同じように成功するためには、他のビジネスリーダーもIoTの意味について広く考える必要があります。 
構築するソリューションが問題を解決するだけでなく、現在のIoTエコシステムと容易に統合でき、それがビジネスに価値をもたらすことを確認できるように、テストとトライアルから小さく始めることです。